検索
  • 一般社団法人ペアリド 英語ペアリーディング協会

ハワイのエレベーターで、アメリカ人にからかわれた子供たち!

最終更新: 1月17日

今はコロナ禍で旅行は夢のまた夢となってしまっていますが、 私には夢があります!! その一つは、ペアリド・クラブ(ペアリドの講座を受講してくださった方のコミュニティ) のみんなで、毎年ハワイに行くことです! そこで、みんなで目標設定をしたり、 目標を語り合ったり(目標は口出せば出すほど叶います。) リラックスしたハワイの雰囲気の中で、やりたいなあと。 家族だけで行くと、ホテルかコンドミニアムの部屋に滞在することになりますが

皆で行って、大きな一軒家かお城を借り切りたい!!


と思っています。 実現しますから、一緒に行きましょう! なぜハワイ?

かといいますと、


ハワイには、元ビジネスパートナーが在住していて、 とにかくいいところだから遊びに来い!と言われて

6年くらい前に、1度だけですが、家族で2週間遊びに行ったことがあります。



コンドミニアムで自炊しながら、2週間という長期間いられらたので、

そのときすっかりハワイのファンに♪


やはり、あの温暖でちょうどいい気候、美しい景色がたまらないなあと

芸能人が頻繁に訪れる理由がわかった気がしたのでした。 なので、ハワイに行きたいのです! そして、

ハワイは半分日本、とも言われますが、それでも、

文化の違いを感じられることもたくさんあり、

子供の異文化体験にも最適です。 こちら、6年前に家族で行った時の一例。


コンドミニアムのエレベータに、子供達と乗っていたときのこと。


乗り合わせたアメリカ人男性が、 ちょうどボタンのところにたっていた次男に、


"Could you hit 13?"


と一言。


当時英語はわからなかった次男ですが、13くらいは聞き取れて、 必死に13のボタンを探します。


えっ?

13が探せない。。。ない。。。


13って言った?

30だった??


長男も加わり、焦る子供達。


私は、 この人、からかってるな~と思ったので、

"You're kidding, right?"


というと、男性はにっこり。


そう、西洋では 13は不吉な数とされ、 13階や部屋番号13は存在しないことが多いのですよね。


13が不吉とされる説はいくつかあるようですが、最も聞くのは宗教的な説。

イエスを裏切ったユダが、最後の晩餐で13番目の席についたとされるものです。


子供達、すっかりからかわれてしまいました〜!! そういう西洋の文化もわかっていないと、

冗談がわからない人になってしまいますね! これでは国際人にはなれませんね^^ そして、


アメリカ人はエレベータで会うと必ずにっこりして挨拶をするので、 ”アメリカでは、エレベータにもおちおち乗っていられないんだね。” と息子が



一言。 そして、 ”他人に対してなんてフレンドリーなんだろう” 


と感心していた子供達でした。


ただこの時ばかりは、”変な冗談まで言うなんて、余計だ!” とプリプリしていましたが(笑)


ちなみに、エレベータに乗って、混んでいたりして自分の階のボタンが押せない場合、


"Could you hit XX, please?"


(XXには階の番号)


この表現は使えます。


hitではなく、pressでもいいですね。


人がいるのに無理矢理手を伸ばして押すと、かえって失礼になるので、 こう言ってお願いした方がいいです。


エレベータの乗り方1つでも、文化によって違うものですね。 ちなみに、エレベータで、


全く知らない他人に対して、必ず挨拶したり、small talk(ちょっとしたおしゃべり)をするアメリカ人。


対して、


基本、挨拶もしない、余計なおしゃべりはしない日本人。 日本のホテルでエレベーターに乗って、

”おはようございます” ”こんにちは” と別のお客様に挨拶をしたら、ちょっと変な目で見られます! 私はうっかりやってしまったことがありますが^^ 日本では、山では知らない人に挨拶するルールがありますが

それ以外では基本しないですよね。


この違いはどこからきているのでしょう?


私、一応アメリカの大学で、文化人類学なるものを専攻しました。 スーパー国際人育児法講座では、そのあたりのお話もしています。 #ハワイ #国際人 #子育て #あいさつ

29回の閲覧0件のコメント